car

利用時の注意

車に乗る上での注意する点

日常生活において今現在自動車を使用する方が多い中ただエンジンをかけ車を走らす。という人は多いと思います。実際私の周りでも知識不足の方が多くおられます。そして故障してから危険を感じることで初めて知識を得る。そういった方法もあるかと思いますが自動車の場合は何かが起きてからの勉強では済ませられないことがあることも事実です。知識を得ることで安全への予防を行っていきましょう。他にも金銭面での損することや得することも発見できます。ではまず知識を知る、安全を高める上で注意しなければいけのがタイヤです。タイヤに問題が起きると大きな事故に繋がる可能性があります。最低限タイヤの空気圧の敵点検や溝、使用期間の確認をしましょう。

タイヤの知識を知り安全性を上げる

一番代表的でよく知られている情報はタイヤの空気圧点検だと思います。といってもどれくらいの圧が入っていれば大丈夫なのかを知らない方は意外と多くいます。基本的に空気圧は2.2キロ〜2.4と言われています。通常は2.2で高速を多く使用する方は少し多めで入れておくと安心です。タイヤのサイズや種類によって多少異なるため自分の車にあった圧を確認しましょう。次にタイヤの溝はカーパーツ屋やガソリンスタンドなどで確認してもらえますので教えてもらいましょう。最後にタイヤの使用期間ですがタイヤはゴムですので劣化や硬化があります。ひびが入るとバーストする恐れがありゴムが硬くなると滑りやすく事故にも繋がります。タイヤの横に年数と一年の中で何週目に製造されたかがわかります。以上のことは最低限知っておくと安全性が格段に上がると思います。知識のある人に相談しご自身の車のメンテナンスをしましょう。