car

エコとタイヤの関係

エコな環境にやさしいのが主流に

従来よりタイヤの品質も変わってきました。温暖化もあったりガソリンが高くなったりしたことで低燃費を目的として購入する人が多くなってきています。消耗品として使われますが、約3年はくわけですからいいものがいいと考えられます。メーカーや価格によっていいものとよくないものがはっきり分かれます。今は、タイヤのゴムの性質によって低燃費を実現できるかできないかも気にされるところです。もちろん低燃費タイプのほうがガソリンのヘリも少なくなりますから、車を所有している人に取ったら家計にやさしいです。最初のうちはゴムのヘリもそんなにないと思いますが、使っているとだんだん減ってきます。溝がなくなってきたら交換の合図となりますので新しいものに交換することをお勧めします。

二種類のタイヤの特徴

タイヤには夏用、冬用の2種類があります。何が違うのかというとゴムの硬さも違いますし、重さも違います。車を走らせてみるとわかるんですが夏の場合はアクセルの踏み具合が軽く、冬用は非常に重いです。そして燃費の具合も多少異なってきます。なぜ2種類あるのかというと、冬場は雪道を走行しますから、それに合ったタイヤが必要となります。そのため2種類となるのです。冬用はゴムが柔らかく、氷の上を走行してもゴムが柔らかいので地面に吸着して滑りにくくなっています。そうした特徴があります。夏用は固く、雪道を走行してしまうとブレーキも効きません。秋の終わり、冬に入る前には、タイヤを交換して雪道走行に備えるようにしましょう。